SAPジャパン(安斎富太郎社長)は、10月3日、自己管理型データベース(DB)の新版「SAP Sybase SQL Anywhere 16」の提供を開始した。

 「SAP Sybase SQL Anywhere」は、自己チューニングや自己修復などの自己管理機能を備えたメンテナンスがほとんど不要な汎用RDBMS。新バージョンの「16」では、「SAP Sybase ASE」や「SAP Sybase IQ」「Oracle Databese」「IBM DB2」「Microsoft SQL Server」「MySQL」などの異種DBサーバーとのデータ同期機能を強化した。

 新たにインメモリDB「SAP HANA」とのデータ同期を実現。これによって、分散環境にある「SQL Anywhere」を使用したアプリケーションのデータを、「SAP HANA」によって分析することができる。また、応答速度向上のためのクエリ最適化の機能を拡張したことで、モバイルプラットフォーム上のエンタープライズデータにアクセスしやすくなった。

 ビジネスソリューション統括本部データベースソリューション部の安藤秀樹部長は、「SAP Sybase SQL Anywhere」について、「グローバルで約2万社のユーザーがいて、約1000万のコピーが利用されている。OEMパートナーは、グローバルに約1200社いて、契約形態の60%を占めている。ユーザーが『SAP Sybase SQL Anywhere』を利用するOSは、Windowsが80%、Linux/UNIXが20%。どちらのOSもバイナリ互換で、ユーザーの多くはどちらのOSでも利用できることに魅力を感じている」と話した。

ビジネスソリューション統括本部データベースソリューション部の安藤秀樹部長