バラクーダネットワークスジャパン(林田直樹社長)とソフトクリエイト(林宗治社長)は、10月30日、ソフトクリエイトが一次代理店として、WAFソリューション「Barracuda Web Application Firewall(Barracuda WAF)」の取扱いを開始すると発表した。

 ソフトクリエイトは、近年のウェブハッキングニュースの増加に伴ってWAFソリューションに関する問い合わせが急増していることを受け、一次代理店として製品を取り扱いできるベンダーを探していた。複数社を検討した結果、「Barracuda WAF」が他社のWAFソリューションと比較してすぐれた機能をもち、セットアップが簡単であることや、ソフトクリエイトが得意とするSMB(中堅・中小企業)市場のニーズに合致する価格帯であることから、取扱いを決めた。