バラクーダネットワークスジャパン(バラクーダ、林田直樹社長)は、「Barracuda Web Application Firewall(Barracuda WAF)」が、富士キメラ総研の「2013ネットワークセキュリティビジネス調査総覧<上巻:市場編>」で、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の市場シェアで6年連続No.1を獲得したと発表した。

 ウェブアプリケーション・ファイアウォールは、2000年代後半にセキュリティ意識の高いユーザー企業を中心に導入が広がった。「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」など、ウェブアプリケーションの脆弱性を利用した外部からの攻撃や、最近のパスワードリスト攻撃の増加に伴い、大手ECサイトや金融・公共機関などで導入が進んでいる。ウェブアプリケーションに関連した攻撃が複雑化・巧妙化し、標的型攻撃による情報漏えいの発覚が相次いだことから、ユーザー企業のWAFに対する認知度が高まってきたことで、大企業だけでなく、サービスプロバイダーやエンタープライズの中堅企業への需要も広がりつつあるという。

 6年連続で市場シェアトップに輝いた「Barracuda WAF」は、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング、クロスサイトリクエストフォージェリ、セッション改ざんといったウェブアプリケーションを狙う攻撃からシステムを保護するソリューション。プロキシとして動作し、HTTP/HTTPSのトラフィックを精査してウェブアプリケーションの脆弱性を突こうとする攻撃を検出する。

 チューニングが不要のブラックリスト型を採用することで、最新シグネチャによってクロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションに対する防御対策ができる。容易・迅速な導入や、低価格帯であることが評価され、企業への導入は順調に進んでいる。