NEC(遠藤信博社長)は、ソフトウェア開発体制の強化を目指して、ソフトウェア子会社7社を再編し、4月1日付で新会社「NECソリューションイノベータ」を設立する。新会社の代表取締役執行役員社長には、現NECシステムテクノロジー代表取締役執行役員社長の毛利隆重氏が就任する。

 新会社は、NECソフトが存続会社となり、NECシステムテクノロジー、北海道日本電気ソフトウェア、NECソフトウェア東北、北陸日本電気ソフトウェア、中部日本電気ソフトウェア、九州日本電気ソフトウェアを統合して発足。各社の経営資源を集約し、効率的な事業基盤を構築する。

 新会社は、約1万2000人の従業員を有し、国内有数の規模のソフトウェア会社となる。NECは、新会社を社会ソリューション事業を担う中核ソフトウェア会社と位置付け、地域市場の開拓に取り組むなど、ビジネスの拡大を目指す。(ゼンフ ミシャ)