チエル(川居睦社長)は、TOEFL iBTテストに対応したeラーニング教材「Glexa対応版 TOEFL iBTテスト早分かり」と「CHIeru.net対応版 TOEFL iBTテスト早分かり」を、4月14日に発売する。

 「TOEFL iBTテスト早分かり」は、TOEFL iBTテストの「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を効果的に学習することができるeラーニング教材。TOEFL iBTテストと同等レベルの問題を、「Reading」読む・「Listening」聞く・「Speaking」話す・「Writing」書くの4セクションで、2回分の練習テストと難易度別の語彙ドリル(3ランク)を用意。総設問数は237問と、密度の濃い学習ができる。

 「Time Limited」と「Timeless」の二つの練習モードで、本番テストと同じ時間制限で学習をしたり、時間を気にせずにじっくり学習したりできる。また、学生が回答した「Speaking」での録音音声や「Writing」での作文解答を送信し、先生が音声ファイルやテキストから採点して、学生にフィードバックすることができる。

 「CHIeru.net対応版」は、クラウド型eラーニング教材として、パソコンとインターネットの環境があれば利用することができる。

 税別価格は、「Glexa対応版」の基本1ライセンスが1万円、21ライセンスが18万円、41ライセンスが37万8000円、追加1ライセンスが8600円。「CHIeru.net対応版」は、1ライセンス6か月利用で2167円。