日立システムズ(高橋直也社長)は、4月11日、金融業向けソリューション「Finnova(フィノーバ)」のラインアップとして、全国の信用金庫に向けて「Finnova 信用金庫向けクラウドサービス」を販売すると発表した。

 これまで、信用金庫業界向けにATMの提供・保守から業務アプリケーション、ネットワークサービスまで、多くの実績・ノウハウを積み重ね、強みであるクラウド技術・ノウハウを生かしたクラウドサービスの強化を図っている。こうした背景から、これまでにオンプレミスで提供し、実績を上げてきた業務アプリケーションを自社のデータセンター(DC)に構築したクラウド基盤をベースにクラウドサービスとして新たにラインアップ化し、周辺業務をサポートする「Finnova 信用金庫向けクラウドサービス」として販売することにした。

 第一弾として、「為替イメージ処理システム」のクラウドサービスを開始するとともに、「用度品管理システム」「口振依頼書管理システム」などを順次提供する。また、IT基盤提供、システム運用サービス、セキュリティサービス、端末導入・保守などのオンサイトサービス、コールセンターサービスなどをワンストップで提供する。

 サービスを利用することで、顧客は信頼性の高いDC基盤から提供される業務アプリケーションをリーズナブルな月額費用形式で利用でき、システムコストの平準化を実現できる。また、情報システム部門は、システム開発・運用・保守業務の負荷を軽減し、システム最適化のための企画業務に力を入れることができるようになる。

 日立システムズは、全国の信用金庫向けに「Finnova 信用金庫向けクラウドサービス」を拡販し、15年度末までに累計6億円の販売を目指す。