ナノオプト・メディア(藤原洋社長)は、スマートフォンやタブレット端末などのアプリケーションに特化した専門展示会として、「APPS JAPAN 2014(アプリジャパン2014)」を、6月11~13日の3日間、幕張メッセで開催する。

 出展社数が300規模の大規模なネットワーク総合イベント「Interop Tokyo 2014」が同時に開催されることから、来場者数が14万人規模になる見込みだ。これまでアプリケーション関連の専門イベントは中小規模のものが多かったが、「アプリジャパン2014」は日本最大のアプリケーション関連イベントになると予想されている。ヤフーの村上臣・執行役員CMOによる「Yahoo! JAPANのスマデバ戦略について」と題する基調講演をはじめ、慶應義塾大学の中村修・環境情報学部教授とMozilla Japanの瀧田佐登子・代表理事、NTTコミュニケーションズの大津谷亮祐・先端IPアーキテクチャセンタWebコアテクニカルユニットユニットリーダ/担当課長の3人による「進化するWebとInternetの関係」をテーマに討論する場も設けている。

 アプリケーションを開発・販売するITベンダーが、さまざまな製品・サービスを紹介することによって、新たなビジネスチャンスの可能性を提示するイベントだ。

【開催日時】 6月11日(水)~13日(金)
   11日 10:30~18:00
   12日 10:00~18:00
   13日 10:00~17:00
【会場】  幕張メッセ
 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1