ワイ・ディ・シー(YDC、三奈木輝良社長)は、7月29日、Microsoft SQL Server(SQL Server)に対応した災害対策ソフトウェア「Standby Express」を発売した。

 稼働しているデータベースの内容を、別に用意した予備のデータベース(スタンバイデータベース)に定周期でバックアップするソフトウェア。万が一のときは、ボタン一つでスタンバイデータベースが本番使用可能な状態に数分で切り替わる。高価なバックアップ用のソフトウェアやハードウェアは必要とせず、低コストでRTO(目標復旧時間)とRPO(目標復旧時点)を極小化する。

 YDCは、これまで「Standby Express」をOracle Standard EditionとOracle Standard Edition Oneに最適な災害対策製品として展開。300システムの導入実績をもつ。SQL Server対応版の投入によって、対象となる市場を一気に拡大し、今後はオープンソースのPostgreSQLやMySQLなどにも対応する方針。

 価格は110万円から。YDCは、初年度で100システムの販売を見込んでいる。