京セラ(山口悟郎社長)、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)、京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI、辻上友祥社長)は、9月27日、千葉県・柏の葉スマートシティの拠点の一つである「まちの健康研究所 あ・し・た」で、ICT/機器開発チームの一員として京セラグループ各社の知見・技術を生かして開発した「予防医療介護を支援するICTソリューション」の展示を開始した。

 「あ・し・た」は、健康な毎日を支える「あるく」「しゃべる」「たべる」を軸に、ヘルスケアイノベーションプロジェクト(HIP)によって誕生した参加型の健康づくり拠点。京セラグループは、「ICTや機器を活用し、高齢者の生活の質を高め、超高齢社会に対応した『健康安心未来都市』を創る」をコンセプトに、健康なまちづくりを支える三つのテーマ「健康増進・虚弱予防」「在宅ケア」「(超高齢社会を支える)社会インフラ」をICTで解決する予防医療介護ソリューションの開発に取り組んできた。

 その第一弾として、KCCSのIP告知システムを活用した健康管理システムを出展。テレビ電話、健康機器連携による健康管理プログラム、地域情報配信など、さまざまな機能を搭載した受話器つきタッチパネル端末を展示している。在宅ケア利用者・高齢者の健康管理とともに、家族・社会・看護介護事業者とのつながりづくり・社会参加を提案していく。

 今後、予防医療に貢献する端末機器などの展示を予定。テレビ電話や携帯端末など、身近な機器でのデモ体験を通して、在宅ケア利用者や高齢者が気軽に健康管理・社会参加ができる機会を提案する。