フォーバルテレコム(谷井剛社長)とトライポッドワークス(佐々木賢一社長)は、10月6日、IP-PBX とUTM(統合脅威管理)を搭載したIP統合ソリューションの新製品「CuteBOX(キュートボックス)」を発売した。

 フォーバルテレコムとトライポッドワークスが共同開発し、国内8000社の販売実績をもつIP統合製品「SWIFTBOX(スイフトボックス)」の後継モデル。ハードウェアとセキュリティ機能を強化し、さらにコンパクトにした。堅牢なセキュリティと効率的で利便性の高いIPビジネスフォンを融合することで、ネットの重要性が高まる中小企業のビジネス環境に安全性と利便性を同時に提供するとともに、最新のITサービスを最大限活用するためのワークスタイル変革をサポートする。

 セキュリティ機能の強化として、アルプスシステムインテグレーション(ALSI)製「InterSafe WebFilter」を採用。高精度データベースにもとづく過剰な規制や規制漏れのない正確なフィルタリングで、不正サイトへのアクセスや書き込みを防止する。

 フォーバルテレコムとトライポッドワークスは、今後1年間で4000社への販売を目指す。