レノボ・ジャパン(ロードリック・ラピン社長)は、11月17日、本社を東京・千代田区の秋葉原UDXへ移転し、新たに営業を開始した。同時に、各種検証を行う「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ・センター」を本格稼働した。

 レノボ・ジャパンとレノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ・センター」を秋葉原UDX内に開設し、グループの総合力・技術力を生かして、端末からバックエンドのインフラまで、ワンストップでより最適なソリューションとして提供していく。

 「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ・センター」では、ソフトウェアベンダー、システムインテグレータ、クラウド・サービスプロバイダなど、ビジネスパートナーとの協業によって、各種検証環境やデモンストレーションを提供する。

 今後は、ビジネスパートナーとの協業をさらに強化、ハイブリッド・クラウド検証環境の提供など、顧客に提供するサービスの拡充を図る。