SoftBank Internet and Media(SIMI、ニケシュ・アローラCEO)と、東南アジアでタクシー配車アプリを提供するGrabTaxi Holdings(グラブタクシー、アンソニー・タンCEO)は、ソフトバンクがグラブタクシーへ2億5000万米ドル(約298億円)を出資し、筆頭株主になることで合意した。

 2012年に創業したグラブタクシーは、現在、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシアの6か国17都市で、タクシー配車アプリを提供している。配車アプリは、モバイル端末のGPS機能を活用して、ユーザーの現在地から一番近くにいるタクシーを簡単に配車できる仕組み。アプリのダウンロード数は約250万件で、月間ユーザー数は約50万人で、東南アジア地域では最大のタクシー配車アプリだ。

 SIMIは、出資を通じて東南アジア地域でのソフトバンクグループのプレゼンスを高めるとともに、グループ内のインターネット関連企業とグラブタクシーとの連携を進める。