ソフトバンクグループは、1月15日、中国IT大手の阿里巴巴集団(アリババ)、米大手ヘッジファンド運用会社のタイガーグローバルとともに、ソフトバンググループを中心に中国でタクシー配車アプリを提供する杭州快迪科技(クアイディ)へ総額6億米ドル(約708億円)の出資をすると発表した。

 2012年に創業したクアイディは、位置情報システムと決済システムを融合したタクシー配車アプリ「快的打車」を提供。現在、香港を含む中国の約300都市で利用されている。中国の調査会社、易観智庫によると、タクシー配車アプリ市場でのクアイディの中国国内シェアは54.4%。出資によって、クアイディは中国での事業の拡大とサービスの向上を目指す。