ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は、セキュアな無線アクセスを実現する新アクセスポイントAP300を1月19日に発売した。2月19日に出荷開始する。

 AP300は、ウォッチガードの実績豊富なUTM(統合脅威管理)アプライアンスの「Firebox」をコントローラとして連携して利用し、最先端の無線アクセスとともに各種の高機能セキュリティサービスを提供することで、WiーFiネットワークの安全を確保する。

 最新の802.11ac標準に対応し、VoIP端末との通信品質改善を可能にする「高速ローミング」、クライアントのAP間切り替え接続を低信号で迅速に処理する「高速ハンドオーバー」、またはクライアントが高品質の5GHz帯を利用できる「バンドステアリング」など、企業が抱える無線接続の課題を解決する新機能を備えている。

 税別価格は16万6500円から(初年度メーカー保守込み)。電源アダプタはオプションとなる。