エクセルソフト(永山哲也代表取締役)は、インテルコーポレーションが提供するソフトウェア開発ツールの最新バージョン「インテル System Studio 2019」を10月12日に国内で発売した。

 インテル System Studio 2019は、システムとIoTデバイス・アプリケーションを対象としたクロスプラットフォーム向け開発ツール。高速化のためのC/C++コンパイラやさまざまなライブラリー、パフォーマンス解析ツール、デバッガーなどを含んでいる。同ツールを使うことで、インテルアーキテクチャー・ベースのプラットフォーム上で、優れたパフォーマンス、電力効率、信頼性を発揮するシステム/アプリケーションを効率良く開発することができる。

 今回のバージョンでは、パフォーマンスがさらに向上した最新のインテルC/C++コンパイラが含まれ、コードのベクトル化/スレッド化のための設計ツールを新たに追加した。新しいワークフローやデバッガーの改善により使いやすさが向上し、プラットフォーム・レベルのパフォーマンスを迅速に把握することができる。

 税別価格は、インテル System Studio 2019 Composer Edition for Windows/for Linuxが各11万7000円、インテル System Studio 2019 Professional Edition for Windows/for Linuxが各27万7000円、インテル System Studio 2019 Ultimate Edition for Windows/for Linuxが各40万3000円、インテル System Studio 2019 for FreeBSDが15万1000円。