シュナイダーエレクトリックとレノボ・エンタープライズ・ソリューションズは9月15日、データセンターやサーバールームに頼らないエッジコンピューティングインフラの設置を可能とするソリューションを提供すると発表した。


 今回提供する新ソリューションは、レノボのIoT・エッジコンピューティング向けラック・サーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」と、シュナイダーエレクトリックの「APC NetShelter WX 6U薄型壁取り付けエンクロージャ」「APC Smart-UPS リチウムイオン」で構成されている。

 Lenovo ThinkSystem SE350は、需要が高まるIoT・エッジコンピューティング向けに、高性能なサーバー・グレードを保ちつつ、高防塵性、高耐熱性を兼ね備え、多様な環境での設置を想定して設計されたモデル。また、通常の1Uラック・サーバーの半分の大きさに収めることで、店舗などの限られた空間での設置や壁掛け設置も可能。コンパクトで軽量ありながら長寿命のバッテリが特徴のAPC Smart-UPS リチウムイオンと合わせて設置することで、高可用性を維持する。

 さらに、独自の薄型設計による省スペースが特徴のAPC NetShelter WX 6U薄型壁取り付けエンクロージャ内にLenovo ThinkSystem SE350とAPC Smart-UPS リチウムイオンを収納することで、物理セキュリティと機器の設置場所の安定性を確保できる。IT専用スペースのないオフィス内や店舗、倉庫などの環境での使用を想定した動作検証は済んでおり、リファレンスアーキテクチャーも提供されるため、顧客は迅速なエッジコンピューティングの導入が可能となる。