米IBM Securityは、新たなSecure Access Service Edge(SASE)サービス「IBM Security Services for SASE」を8月25日(米国時間)に発表した。新サービスは、IBM Securityの専門知識と手法をZscalerのテクノロジーと組み合わせたもので、ゼロトラスト・セキュリティ体制の重要な要素である、クラウドベースのSASEアーキテクチャーへの変革を促進する。
 

SASEの概要

 IBM Security Services for SASEでは、組織がネットワーク・セキュリティに変革をもたらし、独自のニーズに合わせたアプローチを適用できるよう設計した。ユーザー企業は、リモートワーカー、協業パートナーへのシームレスなアクセス、M&Aの実施、ハイブリッドクラウドや5G、IoTのネットワーク・トランスフォーメーションといった主要なビジネス・ドライバーに対応できるようになる。

 IBMでは、SASE実現に向け、顧客とともにSASE導入プランを策定する。導入プランは、関連サービス管理を含む顧客の環境を最適化できるセキュリティのスペシャリストやクラウドのスペシャリストが主導し、推進する。また、IBM Securityの5段階の成熟度モデルに基づいており、顧客はビジネスの成果に焦点を当てた目標の成熟度を設定できる。

 IBMは、ZscalerのSASEケイパビリティを実行に移すゼロトラスト戦略、ベスト・プラクティス、メソッド(SASEへの移行を促進する管理プロセスやポリシーの策定など)を用いる。サービスには、24時間体制のセキュリティ監視、管理、進化を続ける脅威に対するSASEソリューションの継続的な改善などを搭載している。

 なお、IBM Security Services for SASEのうち、コンサルティングと導入サービスは日本語で利用が可能だが、Managed Security Serviceは、現在英語環境下のみの利用となる。