時代の先端を行くIT業界の仕事の中でも、こと「システム運用」はあまり日の目を見ない地味な職種とされがちです。「システムは動いていて当たり前、止まったら叱責される」と、損な役回りとして揶揄されることも。

 でも、もしシステム運用者が顧客体験を向上させ、売り上げや利益をリアルタイムで把握。新しいマーケティング施策を打ち出せる職種だとしたらどうでしょうか。システムとビジネスが直結する時代だからこそ、伝統的な運用の固定観念を捨てることができます。

 米New Relic(ニューレリック)は、システム運用のあり方を抜本から変える仕組みでビジネスを伸ばしています。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
New Relic システムとビジネスを融合 運用の課題解決でユーザー数増やす