人脈社会として知られるASEANの市場を日本のIT企業が開拓する手法として、政財界のキーパーソンなど、「人」を活用した攻め方が注目を集めている。ASEANでの事業拡大を目指すNECは、元経済産業審議官でアジア諸国との経済協力に携わった岡田秀一氏を、7月1日付で、執行役員副社長(副社長)として経営陣に入れる。岡田氏の人脈やノウハウをASEANビジネスに生かす狙いだ。2013年7月、元財務事務次官の勝栄二郎氏が社長に就任したインターネットイニシアティブ(IIJ)は、“勝パワー”を発揮し、ASEANでの存在感を着実に高めている。ASEANでは、企業の事業展開に政治が絡み、IT導入の決断を左右することがあるので、現地の政財界との密なパイプが、案件獲得への近道となりそうだ。(ゼンフ ミシャ)