NECネクサソリューションズ(NECネクサ、鈴木良隆社長)と富士通マーケティング(FJM、古川章社長)。ともに、親会社から国内の中堅・中小企業(SMB)向けビジネスを任され、およそ3年前に新体制で再スタートを切ったSIerだ。SMBマーケットは、大企業に比べてITを売り込む余地が大きいといわれ、大手調査会社は高成長を予測する。その市場で、メーカー系SIerの両雄は、どのような戦略を進めてきたのか。(取材・文 真鍋武/木村剛士)