電子情報技術産業協会(JEITA、下村節宏会長=三菱電機会長)は、7月23日、2010年6月の国内パソコン出荷実績を発表した。

 出荷台数は前年比134.1%の92万5000台で、出荷金額は134.6%の895億円となった。

 デスクトップPCの出荷台数は前年同月比154.7%の29万6000台、ノートPCは126.2%の62万9000台。ノートPCが全体の68.0%を占めている。出荷台数は好調に推移し、前年同月比30%増で、7か月連続の2桁伸長を継続している。

 用途別では、個人向け・法人向けともに堅調だった。個人向けは新製品投入やボーナス商戦が追い風に、また法人向けは企業投資の回復で伸長している。

 デスクトップPCの出荷金額は、前年同月比160.6%の309億円、ノートPCは124.0%の587億円となった。