NTTソフトウェア(伊土誠一社長)は、特権ID管理ソリューションを機能強化した新コンポーネント「ACTCenterAC」を、11年1月31日に発売する。

 「ACTCenterAC」は、特権ID利用者が管理対象サーバーにアクセスした履歴(ログオン/ログオフ履歴)を取得するとともに、特権ID利用申請時のサーバーへのアクセス予定情報と実際のアクセス履歴の突合せ処理を自動的に実行する。特権IDの利用申請のない時間帯のアクセス履歴など、不正なアクセス情報をレポート出力し管理者によるモニタリング作業の負担を軽減する。

 特権ID管理ソリューションの既存機能である「作業申請/承認」「ID貸し出し」「作業(認証)」「事後作業(たな卸し)」に、「ログ収集」「ログ監査」といったモニタリング機能を加えることで、特権IDの管理作業コストをさらに低減できるという。

 価格は400万円から。今後3年間で22億円の販売を目標としている。