パイオニアは、東日本大震災の被災地でのクルマの移動を支援するため、カーナビゲーション搭載の車両から収集した走行履歴データ「プローブ情報」を活用したサービスを4月1日に提供する。

 東日本大震災が起こった3月11日以降のプローブ情報をもとに統計データを再生成することで、被災地周辺の「通れる道路」をカーナビでリアルタイムで確認できるサービス。被災地での移動に役立つ情報を提供する。

 対応機種は、2007年以降に発売したパイオニア製カーナビ。画面上で「通れる道路」を確認するには、端末のほか、通信接続と道路状況を把握できるサービス「スマートループ渋滞情報」の登録が必要。

 なお、クルマの走行実績がある道路でも、現在通行できることを保証するものではない。例えば、緊急交通路に指定されているなど、通行が規制されている可能性がある。パイオニアでは、サービスを利用するときは、国土交通省、警察、東日本高速道路などで最新の情報をチェックすることを呼びかけている。

 また、パイオニアは、「通れた道路」の確認ができるカーナビを、被災地の復興支援に携わっている自治体などに寄贈する。寄贈先や台数は調整中。

カーナビの画面イメージ(左から、4月1日現在とそれ以降)