三井情報(MKI、下牧拓社長)は8月8日、シスコシステムズ合同会社(シスコ)のルーター「Cisco ISRシリーズ」をプラットフォームとした環境・エネルギーデータ集計用ゲートウェイ「Energy Analyzer」を提供開始すると発表した。

 「Energy Analyzer」は、ファシリティとICTをつなぐためのゲートウェイで、施設内に設置して、環境・エネルギーデータの収集・蓄積、および環境クラウド基盤へのデータ送出などを行う。シスコルーター「Cisco ISRシリーズ」の標準モジュールであるAXPボードに、MKI独自開発のSCADAエージェントを搭載。IPv6/IEEE1888に対応した。データの受送信には、既設LANや携帯・PHS網を選択することが可能で、ゲートウェイにはデータ蓄積の機能をもたせて通信障害時のリスクに対応している。また、オープンプラットフォームの採用により、これまで課題となっていた顧客の設置コスト削減も実現する。

 このゲートウェイによって、BEMS(ビルエネルギー管理システム)や中央監視システム、照明/空調機器、太陽光パネル、EVインフラ、環境センサーなどと連携し、データのリアルタイムでの集計なども可能となる。