ディアイティ(下村正洋社長)は、ソニーが今年7月に製造販売を中止した指紋認証USBトークン「PUPPYシリーズ」を、10月20日に自社ブランドの「PUPPYシリーズ」として発売する。

 「PUPPYシリーズ」は、指紋を照合することによって、あらかじめ内部に格納したユーザー名やパスワードを自動入力する指紋認証USBトークン。トークン内のデータは常時暗号化した保護領域に格納しており、指紋照合に成功しない限り、ロックが解除されることがない。災害時の社外での業務継続や、出張先での業務遂行のために必要なデータを安全に持ち出すことができる。

 ディアイティは、同社ブランドの「PUPPYシリーズ」第一弾として、8GB/1GBのメモリを搭載した指紋認証USBトークンと専用ソフトウェアの販売を開始する。今後、市場のニーズに合った製品ラインアップの開発と、ユーザーの環境に合わせたカスタマイズに積極的に取り組む。

 価格は、指紋認証USBトークン、専用ソフトウェアともにオープン。同社は、今年度で1万5000本の販売を見込んでいる。