京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は、11月10日、セキュリティソリューションのラインアップ強化を目的に、トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)の「Trend Micro Deep Security(Deep Security)」の提供を開始した。

 「Deep Security」は、脆弱性対策やファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視、ウイルス対策などの機能を実装する。エージェントとバーチャルアプライアンスで、物理サーバーと仮想サーバーに適切なセキュリティ対策を施す。

 KCCSは、海外を含めたグループ企業全体に統一した基準で診断を実施できる「グローバルWeb健康診断」を提供。脆弱性が発見された場合、「Deep Security」の仮想パッチ(IDS/IPSやWebアプリケーション保護)機能を活用して対策を講じる。とくに、ウェブアプリケーションに存在する脆弱性として猛威を振るっているSQLインジェクションや、クロスサイトスクリプティング(XSS)の攻撃に対する防御策として効果的だ。

 価格は、「Deep Security Standard」が18万7950円、「Deep Security Virtual Appliance Standard」が34万6500円。同社は、年間で1億円の販売を目標にしている。