NEC(遠藤信博社長)は、3月21日、法人向けタブレット端末として、OSにWindows 7を採用した12.1型タッチパネル液晶の「VersaPro タイプVZ」を発売した。出荷は5月。

 12.1型の大画面をもちながら、重さが約952gと軽い法人向けタブレット端末。OSはWindows 7 Professionalで、企業の既存アプリケーションを継承できるようにして導入を容易にした。

 タッチペンや指先での手書き入力で高い文字認識率をもつ日本語入力ソフト「mazec for Windows」を標準で搭載。屋外でも見やすい広視野角ノングレア液晶を採用する。高速データ通信サービス「Xi」対応モジュールの内蔵も選択可能。

 プロセッサは、デュアルコアのインテル Celeronプロセッサ 857(1.20GHz)で、グラフィックコアをプロセッサに内蔵することで、高速な描画を実現した。SSDの標準装備など、メインの業務端末として利用できるパフォーマンスを備える。

VersaPro タイプVZ