トレンドマイクロ(エバ・チェンCEO)は、企業ネットワーク内の脅威を可視化するネットワーク監視ソリューション「Deep Discovery」の受注を5月21日に開始する。

 特定の企業や組織への標的型攻撃をはじめ、ユーザー企業ごとに異なる脅威の特徴を解析し、脅威の早期発見を図る仕組み。企業のネットワーク上にアプライアンスを設置し、通信するパケットやメールに添付されたファイルを監視・解析することで、不正プログラムによるウイルス感染など、企業内に潜在する脅威を可視化する。システム管理者は、管理画面でリアルタイムに攻撃元のサーバー情報や被害を受けた端末を把握し、定期的に自動生成されるレポートで必要な対策を確認することができる。

 解析システムは、パターンファイルやルールベースの検知に加え、仮想環境で不正な疑いのあるファイルを実行し、対象のファイルが通信するサーバーの信頼性や新たに作成する別のファイルを解析して危険性を評価する。解析したファイルの情報を「Deep Discovery」内のブラックリストにフィードバックすることによって、監視の精度を向上する。さらに、トレンドマイクロの専門エンジニアが「Deep Discovery」で収集したログをもとに分析したレポートの提供をオプションとして用意する。

 トレンドマイクロは、今後1年間の販売目標を10億円としている。(ゼンフ ミシャ)