日本システムウエア(NSW、青木正社長)は、ECパッケージ事業のシステムインテグレータ(梅田弘之社長)、コンテンツマネジメント(CMS)ソリューションを手がけるジゾン(神野純孝社長)と連携し、CMS連動型ECクラウドサービス「Creoss Plus(クレオス・プラス)」を発売した。

 商品点数が多く、コンテツ更新頻度が高いサイトやマーケティングに力を入れている大企業・中堅企業向けのサービス。システムインテグレータのECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」とジゾンのCMS「HeartCore」を連携し、NSWのインフラ基盤「BlueSpider」上でSaaS型サービスとして提供する。

 「SI Web Shopping」の豊富な機能と「HeartCore」の容易なコンテンツ更新によって、タイムリーな情報発信を実現するとともにサイト更新費用を低減する。また、SEO効果やソーシャルメディア連携など、ウェブマーケティング機能を標準搭載することで、集客力の向上を支援する。

 NSWは、今後3年間で約7億円の売り上げを見込んでいる。