米マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOは、5月21日、国内ビジネスパートナーに向けた「Windows Partner Executive Summit」で、同社が力を入れていく分野として「機械学習」「フォームファクター/ユーザーインターフェース(UI)」「クラウド」「コアプラットフォーム」「新たなシナリオ」の五つを挙げた。 「Windows 8」の発売を前に、「Windows 8」を活用・応用することで実現するビジネスの可能性を示したともいえる。

「機械学習」はビッグデータの処理に対応する技術で、「フォームファクター/UI」は世界的にヒットしたiPadやiPhoneのようなスマートデバイス、「クラウド」はオンラインストレージのSkyDriveや、パブリッククラウドのWindows Azure Platformなどのクラウドサービス、「コアプラットフォーム」はWindows OSに相当する。

「Windows Partner Executive Summit」で講演するバルマーCEO

 「Windows 8」はこれらの重点分野を支援するもので、バルマーCEOは「Windowsの再創造」を通じた「新たなシナリオ」の展開を成し遂げる戦略商材だと位置づけた。また、「再創造には日本のビジネスパートナーのイノベーションが不可欠」として、「Windows 8」をベースとしたパートナーとのエコシステムの構築強化に強い意欲を示した。(安藤章司)

「Windowsの再創造には、日本のビジネスパートナーのイノベーションが不可欠」と説く米マイクロソフトのバルマーCEO