レッドハット(廣川裕司社長)は、軽量・高速のJava EE6完全対応のJavaアプリケーションサーバーの新版「JBoss Enterprise Application Platform 6.0(JBoss EAP 6.0)」を発売した。

 「JBoss EAP 6.0」は、仮想環境やクラウド環境でのシステムリソースの利用を最適化。初期起動は3秒以内と高速で、水平方向の高いスケーラビリティやサービス展開の俊敏性を求める仮想環境やクラウド環境での利用に最適。

 新しいドメイン管理の概念によって、アプリケーションサーバーの運用管理がさらに容易になった。このほか、新しいコマンドラインインターフェース(CLI)で、きめ細かい設定や処理の自動化を実現。同時にリリースする「JBoss Operations Network 3.1」を活用することで、アプリケーションサーバーの状態を監視する高度なモニタリング、アラート通知機能を利用することができる。

 新バージョンは、CDI(Context Dependency and Injection)をはじめ、JAX-RSをサポートするRESTfullサービスなどを実装し、開発生産性を向上するJava EE6に完全対応。また、同時にリリースする「JBoss Developer Studio 5.0」には、開発生産性を高めるさまざまな新機能を盛り込み、「JBoss EAP 6.0」での開発生産性をさらに高めることができる。

 税別価格は、「JBoss EAP」の製品提供、テクニカルサポート、製品アップグレード、修正プログラムを含む年額サブスクリプションで、16Coreあたり85万8000円から。