NTTデータ(岩本敏男社長)は、8月8日、「クレジットデータ伝送システム(CDSサービス)」で、データ伝送がインターネットでできる「SFTP手順」への対応を開始した。

 CDSサービスは、小売・流通業界や通信販売業界などの店舗とクレジットカード会社の間のクレジット決済やギフト券の決済で、売上額清算業務を効率化するファイル伝送サービス。これまではISDN回線を使用し、「HULFT手順」や「金銀手順」などのファイル伝送パッケージが別途必要だった。「SFTP手順」では、インターネット回線だけでCDSサービスを利用でき、店舗は導入コストと回線利用料を削減することができる。

 さらに、ファイル伝送にかかる時間を短縮。ISDN回線と同様に、国際的な統一セキュリティ基準のPCI DSSに準拠する安全性が保たれた環境でファイルを伝送する。(真鍋武)