NTTデータ ビズインテグラル(中山義人社長)は、9月7日、クラウド対応アプリケーションスイート「Biz∫シリーズ」の導入事例や最新ラインアップを紹介するプライベートイベント「Biz∫4th Event“GO-Lives”」を東京・秋葉原で開催した。

 冒頭、中山社長は「4年前に産声を上げた若い会社だが、おかげさまで実績を誇ることができるまでに成長し、ユーザーは261社まで広がった」と挨拶。競争が激しいERP分野で成長している理由として、「SaaS/クラウドの対応」「豊富なテンプレート」「『Biz∫APF』を基盤としていること」の3点を挙げた。

中山義人社長

 また、パートナーサポート本部長の吉崎正英常務取締役が、「Biz∫シリーズ最新ラインナップのご紹介」と題して、シリーズの変遷や拡張の方針、新機能などを説明した。吉崎常務は、製品を拡張する際の対応として、「自社でテンプレートをつくるERPベンダーが多いが、当社はパートナーと一体のビジネスだと考えている。パートナーと共同で、各社が得意とする分野のテンプレートを充実させていきたい」と語った。(真鍋武)

吉崎正英常務取締役