ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之社長)は、ジュニパー・ネットワークスが開発したサービスゲートウェイ「Juniper Networks SRX550」を、9月13日に発売した。

 10ポートのGbEポートを搭載し、5.5Gbpsのファイアウォールスループット、10GbEモジュール対応など、中規模から大規模の事業所、官公庁、小規模データセンターが求める仕様を満たしたセキュリティ製品。最大50ポートまで搭載できるGbEポートや、SRX650向けのGPIM/XPIMとSRX2xx向けのMini-PIMの両方に対応するなど、モジュールの拡張性も高い。搭載OSは、イーサネットスイッチでも採用している「Junos(ジュノス)OS」で、例えば「Juniper Networks EXシリーズ」とスムーズに連携する。

 税別価格は220万円で、従来では上位モデルしか選択肢のなかったユーザー企業に対して、購入しやすい価格で提供する。