NEC(遠藤信博社長)は、スケールアウト型データベースソフトウェアの新版「InfoFrame Relational Store V2.1」を11月下旬から出荷する。

 NECの北米研究所で開発した独自技術を用いて、データの高速処理とKVS(キーバリューストア)によるシステム拡張が柔軟にできるという強みを生かしながら、RDBと同様の使いやすさを追求したデータベース。新版は、蓄積した大量のデータを高速で分析・加工できるように、新たにHadoopとの連携機能を実装した。セキュリティ機能も強化し、RDBと同等のアクセス制限などができる。

 税別価格は、最小構成で555万円から。NECは、通信・流通・金融をはじめとする幅広い業界の企業やデータセンター事業者などをターゲットに、今後3年間で150システムの販売を目指す。