シマンテック(河村浩明社長)は、2月4日、グローバルで実施した『2013年クラウドの隠れたリスクに関する調査』の結果を発表した。日本の中小企業で、クラウドコンピューティングの普及が遅れていることが明らかになった。

 グローバルではクラウドが普及している。パブリック、プライベート、ハイブリッドなど各種クラウドの利用について「検討を行っている」と答えた企業の割合は90%以上に達し、昨年の75%から増加。一方、日本ではクラウド利用を検討している企業は64%にとどまっている。とくに従業員数が250人未満の中小企業では46%と低く、グローバルの82%を大きく下回った。

 クラウドでの情報保存状況に関しても、「ビジネス情報をクラウドに保存している」と答えたのは、グローバルの中小企業が47%だったのに対し、日本の中小企業は24%だった。シマンテックは、調査結果を踏まえて、日本の中小企業でのクラウド普及を促すために、中小企業に向けたクラウド用セキュリティの展開に力を入れる。(ゼンフ ミシャ)