ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長執行役員)は、札幌、青森、松山、福岡、那覇で、10月から「SMART SECURITYロードショー」と題した地方セミナーを開催する。

 地方セミナーでは、世界中の企業で利用されている統合脅威管理(UTM)アプライアンスを活用した効果的なセキュリティ対策による「安心」を紹介。対象はセキュリティ対策を評価・検討している人、または企業、官公庁の情報システムセキュリティ対策の担当者で、参加者には全員にホワイトペーパーと景品をプレゼントする。さらに、全セッションを参加した人のなかから、抽選でウォッチガード特製iPod nano/touch(各1台)をプレゼントする。

 開催スケジュールは、愛媛県松山市(TKP松山カンファレンスセンター)が10月4日、福岡県福岡市(TKP博多駅前シティセンター)が10月8日、沖縄県那覇市(沖縄県市町村自治会館)が10月11日、青森県青森市(青森グランドホテル)が10月29日、北海道札幌市(TKP札幌駅カンファレンスセンター)が10月31日。定員は各会場50人で、参加費は無料(事前登録制)。

 なお、東京、大阪、名古屋などの都市圏でのセミナーは、12月以降に開催する予定。