インターコム(高橋啓介社長)とインフォテリア(平野洋一郎社長)は、12月4日、流通BMS(ビジネスメッセージ標準)をはじめとする各種業界のEDI(電子データ交換)に対応したインターコムのEDI統合管理パッケージ「Biware EDI Station」と、インフォテリアのデータ連携ミドルウェア「ASTERIA WARP」を組み合わせることで、取引企業間のシームレスなデータ連携を実現する新しいEDIソリューションの提供を開始した。

 EDIによる取引は、これまでは業界標準のEDIが規定されている場合でも、得意先ごとに個別に設定された取引データの仕様に合わせる作業が発生したり、社内システムと連携させるために個別に連携アプリを開発したりする必要があり、対応に多くの時間を要していた。インターコムとインフォテリアの製品を組み合わせることで、EDIの各種取引データと社内システムがシームレスに連携し、これまで多くの時間を必要としていた設定や開発作業を大幅に軽減する。

 新しいEDIソリューションの提供にあたって、両者は流通BMSで普及している「流通BMS 1.3」を使用して、取引先と社内システムとのデータ連携を検証。「流通BMS 1.3(JX手順・EDIINT AS2・ebXML MS)」だけでなく、「Biware EDI Station」が対応するレガシーEDI手順(JCA 手順・全銀手順・全銀TCP/IP手順)でも、社内システムとのデータ連携ができることを確認している。