ビットアイルグループのセタ・インターナショナル(廣瀬倫理社長)は、8月29日、ベトナム・ハノイのオフショア開発拠点が、情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格「ISO/IEC 27001:2005」の認証を取得したと発表した。

 近年、ベトナムなどの東南アジア地域で、オフショア開発への関心が高まっている。しかし、発注者にとっては、現地での情報漏えいや不正アクセスなど、セキュリティに対する懸念があり、オフショアベンダーにとっては安全性の確保が課題になっている。

 セタ・インターナショナルは、これまで指紋認証による入室管理や専用開発スペースの設置など、情報セキュリティ対策に取り組んできた。今回、その安全性を証明するために、第三者機関による認証を取得した。

認証授与式で握手するTuv Nord Vietnam(認証機関)のレ・シ・チュン社長(左)とセタ・インターナショナルのグエン・カオ・クオン・ハノイ開発センター事業部長