日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、10月28日、集中型Javaコード診断ツールの最新版「anyWarp CodeDirector V7.4」を発売した。

 「anyWarp CodeDirector」は、Java開発のコーディングルール違反をプロジェクト全体で組織的にチェックすることで、Javaアプリケーションの品質と堅牢性を向上するツール。最新版は、DIコンテナで管理されたクラスに関連するルールや、ウェブアプリケーションなどの設定ファイルの脆弱性をチェックするルールを追加した。これによって、さらに高品質で堅牢なアプリケーション開発を実現する。

 従来は、一般的な標準セキュアコーディングルールによって、ソースコードの脆弱性を検知していた。最新版は、新たなルールによって、DIコンテナで動作するアプリケーション特有の脆弱性を含むソースコードを検知し、排除する。

 また、これまではJavaとJSPのソースコードをインスペクションの対象としていたが、最新版には、これらに加えてウェブアプリケーションの配備記述子(web.xml)やプロパティファイル(*.properties)などの、アプリケーションの動作に対する設定ファイルをインスペクションするルールを追加した。これによって、ソースコードだけでなく、設定ファイルに起因する脆弱性も排除することで、堅牢なアプリケーション開発を実現する。

 税別価格は、10ユーザーライセンスで100万円から。Androidオプションが20万円。