日本IBMは、1月5日、同日付でポール与那嶺氏が代表取締役社長執行役員に就任する人事を決定した。前社長のマーティン・イェッター氏は、取締役会長に就いた。

新社長のポール与那嶺氏

 与那嶺氏は、これまで日本IBMの取締役副社長執行役員を務め、成長戦略を担当してきた。今後は経営トップとして、イェッター前社長が着手した日本IBMの改革を継続するとともに、クラウドやデータ分析などの技術を活用した新ビジネスの本格化に取り組む。

 このほか、詳細は『週刊BCN』1月19日号で報じる。(ゼンフ ミシャ)