NEC(新野隆代表取締役 執行役員社長兼CEO)は5月30日、ファイルサーバー統合管理ソフト「NIAS(NEC Information Assessment System)」の強化を発表した。新製品となる「NIAS v3.3」と「個人情報検出オプション」を提供する。

 v3.3はハイブリッドクラウド環境にも対応。クラウドゲートウェイ製品と連携することで、オンプレミス環境にある利用頻度の低いデータをNEC Cloud IaaSやアマゾン ウェブ サービス(AWS)などのクラウドサービスで提供される安価なオブジェクトストレージへ自動的に移行するといったハイブリッドクラウド環境での運用が可能になり、5年で約50%のコスト削減(NEC調べ)を実現する。

 個人情報検出オプションはv3.3と組み合わせることで、氏名や電話番号、マイナンバーやクレジットカード番号などの個人情報が含まれるファイルの可視化、リスト化、隔離・削除などの対策までが可能となる。

 今後1年間で300システムの販売を目指し、v3.3、個人情報検出オプションともに7月15日から出荷を開始する。価格はそれぞれ50万円から。