日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は1月28日、文書管理の効率向上を図るドキュメントソリューションの新版「ラビニティ One 01-10」を2月1日から発売する。

 「ラビニティ One」は、ドキュメントソリューション「ラビニティ シリーズ」の中心となるWebシステムソリューション。リッチクライアント技術を用いた操作性の高い画面と、協働での文書作成を支援するワークスペース機能を搭載し、オフィス環境における快適な文書の一元管理および管理コストの削減を実現する。

 今回の新版では、文書の審査・承認機能、シングルサインオンによる他システムとの連携支援機能などの新機能を追加。コンプライアンス強化に欠かせない証跡管理に対応し、文書の作成から審査・承認、保管、公開、廃棄までのライフサイクルを効率よく、かつ厳密に管理することが可能となる。また、ワークフローやグループウェアなどの他システムとのシングルサインオンによるスムーズな連携を支援する。これらによって、情報共有や作業効率の向上を図ることができる。

 価格は、「ラビニティ One Express」が157万5000円から、「ラビニティ One Standard」が367万5000円から、「ラビニティ One Enterprise」が997万5000円から。なお、スタートアップキャンペーンとして、3月受注分まで、「ラビニティ One Express」を123万9000円から、「ラビニティ One Standard」を312万9000円からで販売する。