パナソニックシステムネットワークス(遠山敬史社長)は、事業部門のインフラシステムビジネスユニットと、100%出資の連結子会社パナソニックSSインフラシステム、パナソニックSNグラフィックスを統合し、4月1日付でパナソニックSSインフラシステムを発足させる。統合によって、法人・官公庁向けシステム市場の事業基盤の強化と、グローバル市場での成長を図る。

 パナソニックSSインフラシステムは、事業の選択と集中の徹底による効率経営を進めるほか、成長事業へのリソースのシフト、海外と民間の新しい事業基盤の早期立ち上げに取り組む。

 地域の防災・防犯を担う「無線システム」や、高度な制御・センシング技術で道路交通を最適化する「ITS」、画像処理技術を活用する「高度映像監視・画像処理システム」、新聞市場で培った画像処理技術・製版技術をもとにする「グラフィックス」、放送やダム管理、水処理・道路電気設備などの社会インフラの運用を担う「社会インフラシステム」の各分野に注力する。