NEC(遠藤信博社長)は、4月26日に発表予定の新・中期事業計画の中心的な取り組みとして、全社規模で各部門の営業部隊とシステムエンジニア(SE)部隊の統合を進めている。庄司信一執行役員常務が『週刊BCN』の取材で明らかにした。

 NECは、4月1日付けで組織を一新。「パブリック」「エンタープライズ」「テレコムキャリア」「スマートエネルギー」「海外」の五つのビジネスユニット(BU)を新設した。各BUでは、別々の組織だった営業部隊とSE部隊を一つにし、業種ごとにワンストップでソリューション提案ができる体制を築いている。

 庄司常務は、「新しい体制で、IT活用をお客様のビジネスの成長につなげる改革型提案に取り組む。業種ごとにソリューションの共通パターンをつくり、組織・製品の両面でお客様のニーズに迅速に対応することができるようにしていきたい」と統合の目的を語った。ユーザー企業の情報システム部門以外にも、マーケティング部門や経理部門への提案活動を本格化する。(ゼンフ ミシャ)

庄司信一執行役員常務