NTTコムウェア(栗島聡社長)は、同社が開発した画像認識AI(人工知能)「Deeptector(ディープテクター)」シリーズの「産業用エッジAIパッケージ」の販売を11月1日から始めた。日本ヒューレット・パッカードが産業用に提供しているハードウェアにDeeptectorをプリインストールして最適化したもの。製造業の生産ラインのように恒常的に振動があり、温度変化が大きい条件でも動作を可能にした。

201711011813_1.jpg
NTTコムウェアの箕浦大祐・ビジネスインキュベーション部担当部長

 Deeptectorは、ディープラーニング(深層学習)を活用して「製品検査」や「防犯」「設備点検」などに応用するNTTコムウェアが独自に開発したソフトウェア製品。今回は製造業の生産ラインでの製品検査用に日本ヒューレット・パッカードのハードウェアと組み合わせ「産業用エッジAI」としてパッケージ化した。
 
201711011813_2.jpg
日本ヒューレット・パッカードの産業用エッジ用コンピュータとNVIDIA(エヌビディア)の演算用CPU
 
 同事業を担当するNTTコムウェアの箕浦大祐・ビジネスインキュベーション部担当部長は、「折からの人手不足や人件費の高騰を受けて、製造業では製品検査の一段の自動化、機械化を推し進める動きが活発化している」と、製造業をターゲットとする背景について話している。

 NTTコムウェアは今年3月に、製造業の製品検査の分野に新規参入したばかり。既存の生産ラインにすでに設置してある製品検査の装置を置き換えるよりは、むしろ「人手で検査していた部分を機械化する領域を重視していく」。例えば、弁当の具材の配置が規定どおりかどうか、あるいは化粧品など付加価値の高い製品の細かいキズや汚れの検出など、これまではどうしても人の目に頼っていた部分を、同社が強みとするディープラーニングの技術で自動化していく。

 Deeptector産業用エッジAIパッケージの価格は、買い取りで1140万円から。リースで月額26万円からを想定している。同社では向こう3年で、およそ100社への納入を目指している。Deeptectorは、NTTグループのAI 「corevo(コレボ)」を構成するNTTコムウェアの技術要素をもとに製品化した。