日本ユニシス(黒川茂社長)は、7月5日、地方銀行や信用金庫など地域金融機関の将来に向けた成長を支えるビジネスプラットフォームを企画・構築する「NextVisionプロジェクト」を開始すると発表した。

 日本ユニシスは、2012年度(13年3月期)から3か年の中期経営計画を推進するなかで、地域金融機関に基幹勘定系システムや各種情報系システムを提供するビジネスに加えて、地域金融機関とのパートナーシップ強化を目的とした「共創ビジネス」を進めてきた。活動の成果が徐々に現れてきたことから、活動の名称を「NextVisionプロジェクト」に統一することにした。

 地域金融機関のITシステムの役割が大きく変わろうとしているなかで、日本ユニシスは、地域金融機関のITシステムを企業や個人、社会のつながりを生かす基盤と捉え、新しいビジネスプラットフォームを企画・構築していく。(佐相彰彦)