無観客で開催された東京五輪・パラリンピックなど、2021年は引き続き新型コロナウイルスの感染拡大に振り回された年だった。依然として警戒は必要な状況だが、IT業界は特需的な投資によって支えられた。今後もIT投資は堅調に推移すると予想されており、ITベンダーの間では、徐々にコロナ禍の先を見据えた動きが活発になっている。法人向けIT市場が大きく動く中、『週刊BCN』は、新企画として「新春インタビュー」を立ち上げた。各領域の注目ベンダーのトップが示す22年の戦略を紹介する。
(取材・文/『週刊BCN』編集部)

詳しい記事はこちら

【2022年 新春インタビュー】 大塚商会 お客様に寄り添い、DX・全商材で共に成長する

【2022年 新春インタビュー】 応研 需要は旺盛で、先行きは楽しみ

【2022年 新春インタビュー】 OSK 時代を見据えた新製品の開発に着手

【2022年 新春インタビュー】 オービックビジネスコンサルタント 感動と喜びを追求する

【2022年 新春インタビュー】 ピー・シー・エー グループ内のシナジーで成長を加速

【2022年 新春インタビュー】 弥生 問題提起したことへの解を提供する

【2022年 新春インタビュー】 マネーフォワード ユーザーにフォーカスし、価値を届ける

【2022年 新春インタビュー】 さくらインターネット ガバメントクラウドの一翼を担う存在に

【2022年 新春インタビュー】 編集後記 変化を止めず、発展を